知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
木工品

出羽細工

北前船の寄港地として栄えた山形県酒田市は、船箪笥などの製作が盛んで指物技術が発達したところ。出羽細工の特徴は、木目の美しさを強調した塗色にある。漆と研粉を混ぜたものを表面に塗って木の導管を埋め、バーナーで焼き、ブラシをかける。そうすると表面の凸凹がなくなり、木目が浮き上がってくる。その後、さらに漆を塗るのが独自の手法である。材料は、厳しい風雪を耐え抜き、樹齢数百年を越える東北の栗や杉を使用。使い込むほどに艶(光沢)が出てアメ色に変化し、味わいが増していく。