知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
木工品

日田下駄

大分の日田盆地といえば、木の良材に恵まれた木工の産地として、そしてまた日本有数の履物の産地として知られています。かつて江戸時代には桐下駄が、明治初期には山下駄が流通されていました。その流れを汲んで現在に至り、木工と下駄の有名産地にあげられるほどになったといわれています。この日田に於いて、丁寧な職人技で下駄作りを営んでいるのが「月隅木履」。素地の木質にこだわり、足とのフィット感を考え、すげる鼻緒の加減も細やかに調節しながら、最上の作りに挑んでいます。