知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
木工品

肥松木工

「肥松」というのは、松の木の品種名ではありません。樹齢300年を超える松の中心部にある赤みを帯びた部分を、「肥松」というのです。脂が下りてきて丸々となり、脂の多い分、加工もむずかしく、やっかいな木です。この肥松を、あえて木工品にするのが肥松木工。それは、器に仕上がった時の、その、美しい木目に魅せられること。それから、脂の作用で、使い込むほどに深みのある色合いに変化してゆくこと。その魅力に惹かれて、あえて、この加工のむずかしい素材に取り組んでいる工房があります。香川・高松のクラフト・アリオカ。伝統工芸やクラフトに関心のある人には、よく知られた、名高い工房です。