知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
塗物

鎌倉彫

彫りの美しさと、漆の優しさ。鎌倉彫が他の塗物と大きく異なる点は、漆かけ以前の彫りの段階ですでに豊かな表現が施されていることにあり、その彫りは、仏師たちが大きくかかわっていたことにある。源頼朝の出現で、相模国内の小さな漁村だった鎌倉に、運慶など奈良や京都の仏師が呼び寄せられた。同じ頃、禅宗をはじめとする中国の宗教、思想、文物が渡来した。漆器も堆朱や堆黒、紅花緑葉の器物が輸入されたこともあって、中国様式の文物の影響と、日本で産する良質な木材が合わさって、鎌倉彫という独特の木彫漆器に結実した。こうして、鎌倉彫は鎌倉の仏師たちが、禅宗寺院の仏具や調度品を唐風に作ることから始まったのだ。その後、桃山、江戸時代には茶道具として大いに普及。明治以降になると、寺院の仏具や茶道具から生活道具や家具調度品へと主体が大きく変って、現在に継がれている。