知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
織物

秩父銘仙

奈良時代、高麗からの帰化人により養蚕と機織りが伝えられたという秩父地方。鎌倉時代には旗指物用の生地が盛んに織られていたらしい。もともと農作に不向きなやせた土地だったが、蚕の餌になる桑の栽培には適していたことから、江戸時代には養蚕が産業化し、繭、生糸の産地として知られるようになった。織物は主に自家用で、商品にならないくず繭や玉繭を使い、太織と呼ばれる素朴な紬を織っていた。また、裏地用として秩父絹と呼ばれる光沢ある生地も江戸に出荷されていたようだ。明治時代に入り、経糸は絹糸、緯糸に玉繭や節糸を使った平織である銘仙が盛んに織られるようになるが、最初は無地や縞など地味なものが中心。明治末、経糸を仮織りして、その上に型紙で文様を染める〝ほぐし捺染〟が開発されると、多色使いの大柄な絣織りが可能になり、銘仙は女性の気軽な普段着として大ブームに。大正から昭和初期の秩父は、伊勢崎や足利と並ぶ銘仙の五大産地のひとつとしてその名を馳せた。最盛期には土地の労働人口の7割が織物業関連の仕事に就いていたが、戦後の洋装化のなかで織元は激減、現在は数軒を残すまでになっている。