知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
織物

能登上布

蝉の羽にもたとえられる能登上布は、盛夏のお洒落着として愛されている極薄の麻織物。現在は、能登半島の付け根に位置する羽咋市(石川県)にある工房のみが手掛けているが、その歴史は上代に遡るほど古く、崇神天皇の皇女がこの地に滞在した際、技術を伝えたのが起源だといわれている。大和時代には、すでに麻を栽培し、織物をつくっていたが、江戸時代には、麻を栽培して糸を生産し、もっぱら近江上布の原糸として用いられ、織物は自家用が中心だったという。江戸後期には、近江から織工を招いて技術を学び、麻織物の産地に。能登縮の名称も文献に登場する。能登上布の名は、技術の向上により上質な麻織物が織れるようになった明治30年代、地元の鉄道・七尾線が開通したのを機に生産が活性化、同業者の組合も誕生し、商品名として使用されるようになったようだ。かつては手績みの苧麻(ちょま)や大麻を使用していたが、昭和に入ってからは、細く丈夫な紡績ラミー麻で織られるようになった。絣は、能登上布独特の櫛押捺染(くしおしなっせん)による。絣になる部分に櫛形の道具で染料を摺り込むことで、細かい経緯絣を生み出している。