知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
織物

弓浜絣

永く麻と絹が衣類の代表であった日本で、綿布が広がり始めたのは、江戸時代が始まる頃。 河内、摂津、和泉といった大阪周辺、三河、伊勢という名古屋周辺が一大栽培地であり生産地となりましたが、痩せていても水はけが良い地で育つ綿花は、日本各地で栽培されたようです。鳥取砂丘の砂地を活かした山陰地方でも、鳥取藩が産業として奨励したこともあり江戸末期から明治にかけて、「伯耆木綿」として、その生産が知られるようになりました。弓はま絣は、そんな背景から、弓が浜のあたりで織られるようになった伝統工芸。着る人の幸せに思いを込めながら絵絣を作ってゆくのが特徴で、花鳥風月、宝尽くしや鯛、碇など素朴な縁起ものの絣模様が、見た目も温かく、昭和50年に、日本の伝統的工芸品に指定されました。ちなみに、米子、堺港といえば、今や、ゲゲゲの鬼太郎のふる里。鬼太郎の仲間に「一反もめん」という妖怪がいます。綿織物の産地らしいキャラクターですね。