知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
 
布染めは、白生地に植物の汁を摺り込む素朴なものから始まったという。絞り、ローケツ、板締めは、正倉院宝物にも残る大陸伝来の染めだが、やがて型紙による型染めや、絵画的に文様を描く友禅染など、日本独自の技法も生まれ出た。近世以降、後染めの自由で多彩な文様表現は、着物の装飾として目覚しい発展を見せている。

染物

 

加賀友禅

江戸小紋

長坂中型