知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
染物

江戸小紋

遠目には無地、寄って見れば細かな文様が白抜きされた単色の型染め。平安時代の末期から鎌倉時代にかけて考案されたと考えられる型紙、米糊を使った防染技術で、文様を彫った渋紙製の型紙を白生地に載せた上からやわらかい米糊を置き、型をはずして糊を乾かした後に染め上げる。こうすると、糊を置いた部分には染料が入らず、糊を洗い落せば、その部分が白く染め抜かれるのだ。江戸時代初期の屏風絵『職人尽絵屏風』に型染屋が描かれていることからも、江戸時代に入って量産が進んだと考えられている。また、武士の式服として小紋染めの裃が定められたことで需要が拡大したため、江戸小紋=武家の裃、というイメージが強くある。実際、鮫小紋(紀州徳川家)、菊菱(加賀前田家)、角通し(信州戸田家)など、裃由来の文様も多く伝わっている。が、やがて江戸時代も中頃になると、型小紋のすっきりと粋な味わいに町人も魅せられ、ストイックな裃柄とはまた違う、生活感あふれる小紋柄が登場する。大根おろし柄や桜鯛、おもちゃ尽くしなどが代表格。なお江戸小紋とは、昭和30(1955)年、文化財保護委員会が名付けた名称。型付師(小紋師)である小宮康助氏(1881~1961)を重要無形文化財保持者に認定された際、京都の型友禅や浴衣染めの長板中型などと区別するために命名された。