知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
染物

加賀友禅

加賀百万石の繁栄を誇った前田藩の城下町である金沢(石川県)は、さまざまな文化、工芸が花開いた土地。その代表格である加賀友禅は、京友禅と並ぶ華やかな染め技法で知られている。もともと加賀染、梅染、黒梅染、御国染など、無地の染めものが盛んだったところに、宮崎友禅斎が開発した糊防染による多色染めが京より伝わり、加賀友禅として完成したといわれている。加賀五彩と呼ばれる臙脂、藍、黄土、草、古代紫の五色を基調に、濃淡や暈かしをほどこす文様は、自然を題材にした写実性の高いものが多く、木葉に虫の喰った跡などを描く「虫食い」も、ここならではの特徴。京友禅のように箔や刺繍を取り入れることはあまりないが、繊細な線、緻密な色使いでありながら、流動感あるダイナミックな草木花の描写は、着れば文様が裾から立ち上り、着る人を引き立てる。