知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
旬の物

重箱

重箱(じゅうばこ)

新しい年の多幸を願い、家族と寿ぎを交わす元旦の朝。 現代の日本で最も伝統的な行事ともあって、縁起物が晴 れやかに並びます。重箱もそのひとつ。めでたいことを 重ねる、という縁起かつぎの器です。その歴史は室町時 代にさかのぼると言われていますが、一般に普及したの は江戸時代のようです。現代に親しまれる漆や蒔絵を施 した華やかな品は、武家や大名が、狩りや花見に出掛け る際に料理を持ち運ぶものとして作られるようになりま した。昭和の時代までは婚礼品としてもポピュラーで、 どこの家庭でも迎春の祝いの席のみならず、端午の節句 や秋の運動会などの季節の行事に、赤飯やいなり寿司を つめた重箱が活躍していました。迎春の重箱は上段から 順に数えて、一の重には田作り・かずのこ・黒豆などの 祝肴、二の重には紅白なます・たたきごぼう・〆さばな どの酢の物と、伊達巻き・栗きんとん・紅白かまぼこな どの口取りをあしらいます。三の重には鰤や鯛・海老の 焼きものや、のし鶏・松風焼き、与の重には昆布、里芋、 れんこん、にんじん、こんにゃく、ごぼう、しいたけ、 たけのこなどの煮物を詰めます。五の重は控えの重とし て、将来さらに繁栄し富が増える余地があることを願掛 け、空のままとするのが伝統的なスタイルです。