知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
旬の物

節分

立春の前日にあたる節分は、文字通り季節を分ける日。本来は春夏秋冬、4つの季節の分かれ目のことをさしていました。旧暦では立春からが一年の始まりとされています。春の節分は今でいう大晦日のような存在でことさら重視され、節分といえば春の節分を示すようになりました。この日に豆をまいたり、柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に飾ったりするのは、新しい年を迎えるにあたり、様々な厄を祓うため。まいた豆は健やかな一年への願いを込めて、自分の数えの年の数だけ食べます。