知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
焼物

備前焼

土と火と人の手技と。釉薬を一切かけずに焼き締めるだけの備前焼は、それだからこそ、土と火と人の手が三位一体となって、ひとつひとつかけがえのない個性としてこの世に生まれ出てくる。備前焼のルーツを辿れば、三千年の神代の昔にまで遡る、日本の焼物を代表する六古窯のひとつでもある。岡山県は備前市伊部の地で焼かれたことから、古くは伊部焼ともいわれた。奈良・平安時代までは祭器として作られていたものが、平安末期からは壷や甕、すり鉢といった生活道具が焼かれるようになる。そして、大きな転機が訪れたのは桃山時代。利休をはじめ、時の太閤秀吉、池田藩主を通じて、茶の湯の世界の通人に愛される存在となる。備前焼の個性ともいうべき「侘び」「寂び」を感じる風合いが茶の道とあいまって、その後現在に至るまで数々の名匠による名品を世に送りだしてきた。