知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
焼物

伊賀焼

伊賀焼の始まりは、遠く1300年前の天平時代に遡る。今の伊賀の地に窯が築かれ、当初は壷や甕などの生活道具にはじまり、飛鳥時代になると寺院の瓦なども焼いていたと言う。時代は進んで、茶の湯が武士の美学となった桃山時代には伊賀焼の素朴な景色が「侘び」「寂び」の茶器として脚光を浴び、多くの陶工が腕を競い合うように名品を世に送り出した。江戸時代には、小堀遠州の指導により薄手で繊細な趣が特徴の「遠州伊賀」が登場した。古くは、隣接する信楽焼と同様と考えられていたようだが、「窯変(ようへん)」によるビードロ釉の景色や、力強いフォルムが伊賀焼独特の魅力といえる。伊賀焼の陶土は耐火温度が高いのが特徴で、直火で使う土鍋や行平鍋、土瓶の名産地でもある。