知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
焼物

伊万里焼

白く輝く磁肌と美しく彩なした文様。17世紀の初頭に李朝系陶工であり日本磁器の祖ともいうべき李参平が、佐賀は有田の地で磁器にふさわしい白磁鉱を発見したのをきっかけに、白くて硬い焼物・白磁が生まれた。そして、その数十年後には、色絵の焼物が焼かれるようになり、さらに17世紀末になると華やかな金襴手へと進化して、日本各地のみならず、人気の輸出品としてヨーロッパへも送られていた。そして、それらの焼物の多くが伊万里の港から船積みされたことから、伊万里焼という名が流布していった。それと時を同じくして、良質な陶土が獲得できた風光明媚な地、大川内山に肥前佐賀藩鍋島候が御用窯を構えて作らせたのが鍋島焼だ。将軍、大名家への献上品にするためのものも多く、陶工が技の粋を集約した名品が数多く作られた。長い歴史の中で培われてきた伊万里焼。日本が世界に誇る陶器のひとつである。