知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
焼物

美濃焼

美濃焼という名称よりも、織部焼、黄瀬戸焼や瀬戸黒焼、志野焼など、桃山時代に端を発する茶陶の名品の産地、と言ったほうがわかりやすいだろう。志野焼のような淡く美しい色彩や、織部焼のような大胆な造形を初めてこの世に誕生させたことでは、美濃は日本の陶芸史に新風を吹き込んだ歴史を持つ地と言える。現在の美濃焼の主な産地は、桃山時代の美濃の国にあたる今の多治見市と土岐市とその周辺。昔から美濃の地は焼物に適しているといわれてきたが、今では広範囲にわたる産地に、多くの陶芸家が窯を構え、中には今では稀少になってしまった薪窯を復活させて、桃山時代に焼かれていた陶器に挑戦する陶芸家も現れている。また、その一方で、現在は、日常にさりげなく使える磁器の食器類を大量に生産している地としても知られている。