知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
yorozuya_logo

のんびり夏の午後は、琉球ガラス

2011年8月22日|yawataco


ryukyuglass_grid5.jpg 守破離の夏号「にほんのガラス」にあわせて もうひとつ、ガラスコレクションの自慢。
切子のキリリとした表情もいいですが、 ぽってりとした姿が和やかな気分を誘う琉球ガラスです。
琉球ガラスは素材のガラスに飲料の廃瓶を利用していることから 赤や緑の色ガラスが本来といわれていますが、最近は新しいガラスを溶解して作った製品も多く見られます。
透明になっても、再生の過程で混ざってしまう気泡はそのまま。 この泡の粒が夏の気分にぴったりなんですね。
数年前に、那覇の国際通りに面した「久高民芸店」で購入しました。作者の名前を聞き忘れたのが、残念でなりません。
ところで、このお店のセレクトはなかなかのもの。読谷焼のお皿も数種類、ついつい買ってしまいました。今年の夏は沖縄へ。という方は必見です。



このページのトップへ戻る