知るほどに楽しくなる、
ニッポンが好きになる。
伝統工芸のスペシャルサイト。
yorozuya_logo

ひらひらと蝶が飛ぶ、南部鉄器の銘々皿。

2011年8月23日|yawataco


nannbutekki_grid5.jpg 昨年秋の銀座三越リニューアルの際、我が一族の女紋は揚羽蝶なので、蝶の意匠に惹かれてついつい買ってしまった鉄器の銘々皿。
鉄の銘々皿って、鉄は水分を含むと錆がくるではないか。 というわけで、指輪などアクセサリーの一時置きに使っておりました。
しかし合点がいかず、本文を書いている最中「鈴木盛久工房」へ問い合わせました。 濡れても、お湯で洗えば大丈夫ですよ。
鉄の特徴を考慮すれば、その通りです。芯まで熱くすれば、余熱で水分はじわじわと蒸発していきます。
というわけで、間違った見解に、思わず穴があったら入りたい。
何はともあれ、これで鉄器と気軽につきあえるようになりました。
東北ガンバレ!日本の伝統工芸ガンバレ! みんなでもっともっと南部鉄器を使いたいものですね。



このページのトップへ戻る